35歳になりました。

アラフォー。ついになってしまった、という感じである。

「アラサー」も20代後半では自虐的に自称していたものが、30代前半に入るとむしろ言い訳がましいので言わなくなっていた。そして今日、遂に「アラサー」が虚偽なので言えない、という年齢になってしまった。

知り合いの方は分かると思うのだけど、私は20代ほぼずっと大学生をやっていたこともあり(ごめんなさい両親)、結構最近まで周囲が20代半ばという環境だったので、自分もなんとなく20代気分で来てしまった。だけど3年前に転職して、周囲に同世代がいなくなったことで「年齢らしくしなくては…!」と思うようになって、嫌でも自分の年齢を意識するようになった。さらに、エレベーターで鏡をみてはシワやら白髪やらが目立ち始めた姿に老化を感じ、その過程で「35歳」という年齢に怯えるようになった。「35歳」を気にした理由は、ひとつにはウェブサービスとか使ってて(というかマーケティング一般で)35歳が年齢層のボーダーになってて、それも35歳~49歳で一括りにされることが多いので(いわゆるF2 or M2)、「もう40代の扱いなんだ…」ということで意識されたのだと思う。

落ち込むだろうな、と思ってはいたけど、正直かなり、予想以上に落ち込んだ。私の場合、なんとなくこの年齢までにはついていると思っていた技術も能力もない、ということが絶望的だった。そして、それでも若者なら「可能性」という唯一無二の価値があるのだけれど、それすら無くなってきているというのが一番絶望的な気持ちにさせられた。いや、どっちもゼロというわけではないのだろうが。

キャリアパスとしては落ちぶれるばかり。資格試験の勉強も、大学卒業前からやるぞやるぞと「やるやる詐欺」に終わり、はや6年が経った。いつか大学院留学してwet labの(いわゆる試薬とか実験動物とか使う)研究をするんだ、と思っていたが、現実は大学院進学からはどんどん離れる一方だし、コミュ障とプライドゆえにコネも減る一方だし、さらには新型コロナウイルス騒ぎで留学も遠ざかる一方だ。なんか最近、何も考えずに例のジョブズのスタンフォード大での講演やら何やら、「贈る言葉」的な動画をやたら漁ってたんだけど、今考えたらなんとなく無意識に焦ってるんだろうなと思う。

プライベートについても、周囲は結婚して、出産して、家庭を築き、自分の家庭に専念するようになっていく中で、残った私はひたすら社会的に孤立していき、たまに同じように人生こじらせた独身組と飲むくらい。いや、中学校の時の英語教師が「結婚したからって疎遠になる奴はおかしい」って言ってたけど、そりゃ疎遠になると思うわ。家族は家族、運命共同体、一方で所詮は友達なんて他人だもの…

もう人生嫌になったので、今日は有給とって、ひとりで動物園行った。カピバラをいっぱい、いっぱい擦ってきた。空しくなるだけだった。何やってるんだ、私。これが空いてるんだったらまだそこまで辛くなかっただろうけど、よく考えたら今日は連休前の金曜日なので、同じように有給をとったのだろう家族連れとカップルがいっぱいいて楽しそうだった。片道200 kmのドライブ、私の中古車はエアコン利かないので辛かった。帰りはファミレスでステーキとカキ氷食べた。ステーキは硬かった。なんて日だ。サイテイだ。

正直もう人生飽きた呆れた解約したモードなのだけど、なんかのCMであったように「生きているのは面倒だ だけど死ぬのも面倒だ」というか、正直死ぬのは怖いし嫌なので、なんとなく頑張って生きていこうと思う。少なくとも、自分のこれからの人生、まだ今がいちばん若いのは事実なので…

…とりあえず、35歳おめでとう、ぢぶん。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

コメント・トラックバック

この記事へのコメント・トラックバックはありません.

現在,この記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません.