札幌の人のパーソナルスペースの狭さ。

札幌に引っ越してきて1ヶ月くらい経った。ここで、私が街中を歩いていて未だに慣れない…というか率直に言ってフラストレーションに感じていることがひとつあるので書いてみたい。それは札幌の人のA.T.フィールドの狭さだ。

つまりはパーソナルスペース(他人に近づかれると不快になる距離)のことなんだけれど、これが札幌の方は非常に狭いなと思う。あるいはA.T.フィールドが狭いのではなく、A.T.フィールドに入り込んだ赤の他人には無関心というだけなのかもしれない。電車の中でも、繁華街でも、ちょっと私にしてみれば「ありえない!」と感じてしまう近さまで平気で入ってくる。雑踏ならまだしも、閑散とした道ですら至近距離(すれ違いざまに風を感じる距離)を通過されることが少なからずあって、凄く圧迫感を感じる。「袖触れ合うも他生の縁」とかいう言葉があるけれど、そんなこと言ってたら縁だらけになるんじゃねーかってくらい赤の他人と袖が触れ合うことが多くて、潔癖症な私としてはかなりストレスが溜まる。

また、おそらくそれとも関連するんだろうけど、凄く近いところで何かするときに声をかけてくれないのも気になっている。例えば、うっかり気づかずごみ箱の傍に立っていると、ツカツカっと無言で近づいてきてゴミを捨てる(今日なんてベチャベチャした生ゴミを放り込まれて「!!」ってなった)。商品棚の前でいろいろ選んでいると、とつぜん目の前にぬっと現れて商品を取っていく。どっちも気配りの足らない私にも非があるけど、だからといって、突然無言で寄ってこられると不気味で怖い。「すみません」とか一言でもかけてくれれば、こちらも「あ、ごめんなさい」と身を引くわけで、お互いにコミュニケーションが成り立つのに。逆に、こちらが道を開けてほしいときとか、電車でもうちょっと詰めてほしいときに「すみません」と声をかけても、やっぱり動いてくれないので、もともとそういう習慣がないのかもしれない。

他の人がどう感じているのか分からないけれど、家族にこぼしたときにはみんな同じことを思っていた。でも私は、これについて(少なくとも家族以外には)不平不満を言うつもりはない。言う勇気もないし、そもそも文化の違いに過ぎないと思うので、言う筋合いもないから(おそらく札幌の人にしてみれば「なんでそんなこと気にするんだ!?」って話なんだろう)。けれど、いくら後天的なものとはいっても、パーソナルスペースって「生理的に無理」という感覚を引き起こすものだし、せめてなんで札幌の人はA.T.フィールドが狭いのか?そもそも本当に狭いのか?当の本人はどういう意図なのか?てなことを知りたいのだ。

自分でもいくつか理由を考えてはみたけれど、どうもしっくりこない。他人に興味を示さない、というだけならモバイルデバイスの普及による現代病なんだけど、ここで取り上げているのは明らかにそれとは違う(スマホいじってて周りに気がつかない、とかではない)。北国の人、特に北海道の人は寡黙で我慢強いって言われているから、そのせいかな?とも思ったけれど、青森とか他の街で似たような経験をしたことはない(し、そもそも”一部の傍若無人な振舞いを他の人が我慢している”っていう構図ではないので我慢強さ云々は当たらないように思う)。北海道は広いし、小さなコミュニティで暮らしてた人が多いから、他者の存在に寛容なのかな?とも思ったけれど、札幌は大都市としての歴史が長いのだから農村文化に理由付けを求めるのは誤りだろう。「道民は自分勝手な運転をする」とは聞いたことがあるけど、これも単純に自分勝手なだけなんだろうか(この結論は一番避けなくてはならないように思う)。そもそも、この現象は札幌だけでなく、道民全体について言えることなんだろうか?

誰か、これについて意見・参考文献等お持ちの方がいれば、コメント(もしコメントを閉じた後ならtweet)頂ければ幸いです。

P.S. ちょっと調べたら樺沢のシカゴ日記様が真逆のことを書かれていてビックリした。な、なるほど…

Comments Closed

『私の個人主義』再び

結局去年も、ぼんやりとした閉塞感・停滞感から抜け出せずに苦しい状況だった。特に年末、周囲で結婚報告が相次いだときには、同期に置いていかれたことに痛烈な絶望感を感じた。

なんか手がかりを得たいなーと思って、ふと元日に夏目漱石の『私の個人主義』を読み直した(高校の国語以来、10年ぶりだ)。思うところあって今日また読み直したのだけど、なんかストンと腰が据わった気がしている。

Read More »

Comments Closed

乙未のご挨拶

本年もよろしくお願いします。

Read More »

Comments Closed

Self-Help Books

日本語では「自己啓発本」などと呼ばれるジャンル.自己啓発っていうと,カルトがかった「自己啓発セミナー」とかを連想するので,あんまり好きな言葉じゃないんだけど…とりあえずここでは「自助本」とでもしとくか.

とにかくそういうジャンル,私は好きでたまに読んだりするのだけど,じゃあ本当に読んで何か役に立つのか?という話.先月『7つの習慣』の著者コヴィーが亡くなったのを機に,BBCがふたりの実業家に意見を聞いていました.ひとりは「ピッツァ・エクスプレス」創業者などとして有名な起業家ルーク・ジョンソン,もうひとりは化粧品チェーン「ラッシュ」社長のマーク・コンスタンタイン.

ルークは,自分がティーンの頃にカーネギーの『人を動かす』に刺激を受けたということで肯定派.「多くのことが学べる割に安い」とのこと(これ,よく著者が自信たっぷりに,前書きとかに書いてるよな…と思ったら彼自身,自助本を書いていた).一方のマークは,自助本というジャンルを独立したものとは捉えておらず,ビジネス書と連続したジャンルと考えているよう(例として『ウィニング』を挙げている).また,こうした本を読んでいない経営者もいると指摘して,必ずしも読まねばならない本ではないと考えている.

ただし,インタビュアーの「こういったジャンルは,どちらかというとアメリカというイメージでは?」という質問には,二人とも「そんなことはない」とのこと.自助本って,例えば「いつもスマイルで!」みたいなごく当たり前のことしか書いていないんだけど,仕事をしているとそうした当たり前のことすら忘れていることがある.そういうときに読めば,いいリマインダになってくれる…っていう2人の意見,納得です.人生の答えを探して,自助本の泥沼にはまりこんじゃダメってことだよね.あくまでヒントというか,明日へのブースターとして使え!っていうことで.

ちなみに,ふたりが薦める「自助本」はそれぞれ,『大きく考える人が成功する』『パーキンソンの法則』

Comments Closed

Schedule: going Google or stayin’ planner?

スケジュール管理をデジタルに移行するか、アナログに留まるか…悩ましい問題なのだけど、今日いろいろ試してみて、自分なりのケジメをつけたので書いておく。

まず現状だけど、ここ数年はA5版のダイアリーを使っていた。見開きの片面がイラストで、もう片面が1週間のスケジュールというもので、個人的にそのイラストが好きで使っていた(イギリスのものなので異国情緒があって、なおかつ季節感のあるイラストが気に入っていた)。また、手書きにこだわっていた理由として(手帳を落とさない限りは)データが損壊・消失するリスクや電池切れの心配がいらないという頑健さ、開けばその場ですぐ書き込めるスピード感があった。さらに言えば(手書き派にありがちな理由として)読書さえiPadに移行しつつある現状、スケジュール管理くらいは自分の手で書いて主体的な感覚を保ちたかったという思いもあった。

それなのに悩み始めたきっかけは、やっぱり出先でスケジュール調整できずに困ることが増えたこと。実家に行ったら法事の予定が話に上がり、オフに友達と出かけたらふと旅行に誘われる…そんなとき、A5のダイアリーを持ち歩いていることなんて、ほぼ、ない。結局、その場でスケジュール調整ができずに歯痒い思いをすることが多かった(大して重要じゃない予定は帰ってから調整すればいいだけの話ではあるけれど、たいていそんな予定は、帰ったときには忘れている)。そんなわけで、ダイアリーを持ち歩いているとは限らなくてもiPhoneならまず持ち歩いているし、万が一電池が切れてもGoogleカレンダーとの同期は済んでいるので、iPadや、さらにはネットさえ使えればどこでもブラウザで確認できるデジタル管理のほうがいいのではないかと思い始めた。

他の人の意見を求めてウェブを見ると、デジタル派、アナログ派、アナ→デジ派、デジ→アナ派、両刀使い(笑)など玉石混交あって、結局どれがいいのか分からないので、試しにさっき移行を試みてみた…で、結論としてはやっぱりどちらも一長一短あるので、両方使おうかなと思っている。デジタルは確かに便利なのだけれど、スケジュール入力が意外とtime consumingなのと、時間がfixされていない「空いた時間にやろー」という予定の入力が浮いてしまうところが気になる。特に気に入らないのは、いろいろな予定が並列的に表示されてしまって、アナログでは下線や枠囲みで簡単に区別できていた重要な予定とそうでないものがごちゃごちゃになってしまうところ。GoogleカレンダーをFacebookとも同期している場合、誘われたイベントで「時間があったら行こう」程度のものと、自分が運営に関わっていて絶対に欠席できないようなものとが、同列に表示されてしまうところが非常に気持ち悪い。

ただ一方で、そういった重要なイベントについてはアラームでリマインドをかけられるというのがデジタルの強み。そこで私の場合、デジタルは重要度の優劣関係なくFacebookの誘いやら誕生日やらイベントやらのジャンクをごちゃごちゃ集めておく場所にして、そこから1週間単位、1日単位で自分に意味のある予定をダイアリーへと同期することにした。つまり、日々のスケジューリングは今までどおり手帳で、ダブルブッキングの許されない予定のみデジタルでも確認できるようにしておく。これは文字通り「マニュアル」での同期作業を怠ると破綻するリスクがあるけれど、現状そこまで忙しい日々は送っていないので、しばらくはこれで行くことがきるのではないかと。あとは、来年就職してGoogleカレンダーでのスケジュール共有とかが要求されるようになったら、またその時に考えることにしようと思います。

Comments Closed